ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

スムーズな変速方法とは?

スムーズ(ショックのない)な加速、減速に移行するためのギア変速(シフトチェンジ)についてです。

変速ショックが多くなる一番の原因は、変速時にエンジン回転数が落ちてしまうことにあります。
つまり、その時の速度における、最適なギアとそのギアに見合った最適なエンジン回転数が異なってしまうためショックを発生してしまうわけです。

スロットルを全部戻さないようにしてエンジン回転数を必要以上に落とさないこと、クラッチは必要最低限に使いながら(引きながら)、シフトチェンジに時間をかけずギア回転数とエンジン回転数をできるだけ相違させないこと。

そしてクラッチは無理に一杯まで引かなくてもかまいません。
これはシフトチェンジに時間がかかりすぎたり、ついラフにつなぐことでショックが出てしまったりと、ギア、クラッチ板にも多少の負荷がかかります。(スムーズな変速ができないということは、ギアやクラッチ板に負荷がかかっていることをご認識ください)



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/05/10