ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

ハーレーの「セルフステア」とは?

セルフステアを引き出す=バンクさせるのは、正解でもあり不正解でもあります。
バイクと言う乗り物はバランスの乗り物なので、逆に今行っている走行状態を変える(例えば:直進→ 旋回)ためには、意図的にそのバランスを崩す必要があるわけです。
そして、直進状態から旋回状態に移行させるということは、この車体バランスを崩した結果であり、車体は自ら旋回状態のバランスを保とうとして、ステアリングを内側に切れ込ませていきます。
これがセルフステアの正体です。

旋回を開始したい⇒バランスをくずす⇒車体が傾斜(バンク)する⇒セルフステアが誘発⇒バランスが保たれながら旋回・・・
この順序で旋回を誘発するのですから、セルフステアを阻害する乗り方、すなわち車体傾斜角が深いわりにセルフステアが引き出しにくいリーンアウトのフォームでは、結果曲がらないコーナリングとなってしまうのです。
よく、「バンクしているのに曲がらない」と言っているライダーがいますが、その原因は上記の手順に従わないからに他なりません。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/05/28