ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

ハーレーのコーナリングでのギアチェンジ法

コーナー手前でのギアチェンジは、そのコーナー(あるいはそのコーナーをクリアするために必要な速度)で、快適に旋回できる回転数を維持するギアを選択してください。
具体的には、快適に旋回できるギアのなかで、最も低速寄りのギア選択とします。
これは、コーナーを抜けた先の直線部分での加速に備えているのと同時に、旋回中であってもある程度の駆動力をリアタイヤにかけ続けることで、路面への荷重を抜かないようにするためです。
路面への荷重が失われると、車体挙動が不安定になり、またリアタイヤと路面との摩擦力が減り転倒しやすくなります。

また、ギアチェンジのタイミングは、コーナー手前の直線部分で十分に減速、1速ずつシフトダウンしていきます。
よく、「エンジンブレーキで減速する」と言う方がおられますが、減速はあくまで前後ブレーキで行い、意図的にコントロールしにくいエンジンブレーキを、積極的に減速目的で使うべきでありません。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/06/18