ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

停車する際ニュートラルに入りづらい

信号停止の際には、スマートにニュートラルに入れてカッコよく止まりたいものですね。
ただ2速からニュートラルには入れにくく、一度1速に入れてからニュートラルに入れるのが一般的ですね。

2速から入れられるのであれば、こんなに楽なことはありません。
それは、重力の力を上手く利用することができるからです。
1速からだと、重力に逆らった、突き上げる足の動きになりますので。
ただしシーソーペダルの場合は、かかとを使って軽く踏み込めば、1速からニュートラルに入れやすいのがメリットです。

さて、2速から上手くニュートラルに入れられない理由は、ステップへの足の置き方にあります。
足の土踏まずをステップに乗せてシフト操作するのではなく、かかとを乗せて行うのです。
そうすることで、かかとを支点としたてこが使いやすくなり、わずかな力加減を加える事ができますので、何度か試してみてください。

もう一つの方法として、止まってからニュートラルに入れる方法も教えておきましょう。
1速で停止して、ギアペダルの下側から軽くニュートラル側へ上げる力をかけておきます。
その状態で、クラッチをほんの少しつないでください。
簡単にニュートラルに入れることができます。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/05/15