ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

トレーニングクラス

ライブトレーニングを受講される前に

ライブトレーニングを受講される前に、事前に練習課題の目的、その方法を確認し、理解しておくことはとても重要です。
なぜなら、ライブトレーニングで行うそれぞれの練習課題と、特にその実行の順序は、効率的、効果的にハーレーや大型バイクを操るテクニックを身につけるために、互いに関連しているからなのです。

You need to know the purpose of practice and training method before you will have training. This is very important for you to know.
In order to master techniques to ride Harley-Davidson or big bikes, those are related for your training to be effective and less time consuming way.
3つのテクニック
『ライド・ライク・ア・プロ』のすべてのトレーニングに共通に使われるもの・・・
それが、この“3つのテクニック”です。
3つのテクニック
すでにあなたは聞いたことがあるかもしれないテクニックですが、これらを「知っている」ことと「できる」ことは全く異なります。
そして、ライブトレーニングの目的は、あなたに“3つのテクニック”を身につけてもらうことであり、それがあなたをアマチュアとプロの分かれ目となるのです。

Common techniques in “Ride Like A Pro”・・・
It is this “three techniques”.

1. Using clutch in the friction zone
2. The use of appropriate rear brake
3. Turn the head and eyes to travelling direction

You may already know those techniques, however total different as “know” and “Can”.
The objective of the live training is you can master “three techniques”.
You will become Professional rider to master those techniques from amateur rider.
エクササイズガイド
ライブトレーニングで実際に行うエクササイズの数々をご紹介します。
もし、あなたがこのような練習を行うのがはじめてでも心配はご無用です!
トレーナーから詳細な練習方法が説明されるとともに、やり方をイメージしやすいようにデモンストレーション走行をご覧いただきます。

Trainer will introduce some exercises that actually uses in the live training.
You do not need to worried even you will have this kind of exercise at the first time.
Your trainer will explains the detailed training methods and you will see the demonstration run from trainer.

申し込み
     ↑↑ Open an application form. Schedule of Live Training by Ride Like A Pro↑↑

トレーニング内容 / Training contents


1. The Slow Race Exercise(低速走行)


この練習の目的は、フリクション・ゾーンを使って、低速ライディングに慣れることです。

フリクション・ゾーンとは、クラッチが繋がり車体が動き出す地点から、完全に繋がる地点までのクラッチ操作の帯域のことを言い、これは日本で使われるクラッチが完全につながっても切れてもいない状態「半クラッチ」という表現とはニュアンスが違います。

ここでは、フリクション・ゾーン内においてクラッチを使って、時速2~7km程度の速度調整・変更を自在にできる方法を身に付けます。
この時、アクセルを開けてエンジン回転数を若干高め一定にして、リアブレーキをわずかに引きずり車体を安定させること、頭と目を進行方向に向けて、目線は遠方におき車体のバランスを保つこと、つまり“3つのテクニック”を身に付ける効果的な練習なのです。

The purpose of this exercise, is to get you familiar with the low-speed riding in the friction zone.
The friction zone is the area of the clutch from the point where start moving the vehicle to completely open. This is not the same as a term of “half-clutch” which is well-known expression in the Japan.
You will master riding with using the clutch in the friction zone. You will be able to control speed in 2-7 km.
In this time, you need to make stable your bike with applying a little pressure to the rear brake keeping the slightly higher idling speed. You need to set your eyes and head in the traveling direction and keep looking further direction. Therefore this is effective training to master those “Three techniques”



2. The Slow Cone Weave Exercise(低速ストレートスラローム)


約4m程度の間隔で直線上に6~12個程度セットされパイロンコーンの間を、車体を左右にスイングさせながら通り抜ける練習です。

走行中は、フリクション・ゾーンおよびリアブレーキを使い、また目線を高く遠くに置くことにより、ここでも“3つのテクニック”を覚えながら、一定の速度でリズミカルかつスムーズに通り抜けられることを目的とします。

This exercise is swinging your bike left and right in between 6-12 pylons cone (each corn have 4m distances each other)
Aim of this exercise is to ride a bike smoothly with constant speed by using “three techniques” . You will need to stay in the friction zone and apply lightkeep pressure to the rear brake.


3. The Circle Exercise(旋回走行)


この練習は、車体を傾ける限界を知ることに加え、傾けることによる転倒の恐怖克服に役立ちます。

概ね7〜8mの直径円形に置かれた数個のパイロンコーンの内側に、前輪を沿わせるように旋回します。
この時、目線を前輪方向の地面に向けるのではなく、少なくとも120度回転した先から、できれば円の対面の180度先に向けること、また意識して目線を地面から1.2〜1.5m上の空中に向けておくこと、決して地面に目線を向けないようにします。
ここでも、フリクション・ゾーンを保ち、リアブレーキを少し引きずり使用します。
徐々車体を傾けていくことで回転円直径を小さくしていき、最終的にはステアリングをフルロックまでもっていきます。

It helps over come your fear from fall the bike in order to knowing the limits of leaning the bike.
You will turn your bike the inside of pylons cones placed between 7~8m along front wheel.
In this time, you keeps eyes 180 degree out of circle from 120 degree circle at least. Also your eyes on 1.2 to 1.5 m above the ground. Never look down at the ground.
Again, you keep pressure on the rear brake a little with stay in the friction zone.
Gradually, you will need to make small turn with leaning your bike and eventually you will make full lock turn.


4. The Off-Set Cone Weave Exercise(オフセットスラローム)


この練習は、素早くかつ自在に左右に車体の向きを変えることを目的とするため、実際の走行では咄嗟に現れる予期せぬ障害物を回避するのに役立つでしょう。

この練習では、左右二本の平行な直線上に等間隔でオフセットされて置かれたパイロンコーンの間を、左右に縫うように走ります。
ポイントは、コーンの周りを旋回するときには、早めに頭と目を次の進行方向のコーンに向けていくようにするとともに、1.5〜1.8m程度パイロンから離れてターンを開始するようにします。
ここでも、フリクション・ゾーンを使い、フロントブレーキは使わず、リアブレーキを一定に引きずり、目線を地面から上げるようにします。

The purpose of this practice is changing direction of bike right and left quickly and freely.This exercise will help you to avoid unexpected obstacles appear in front of you.
In this exercise, you will run left and right between the pylon cone place in two parallel line.
Point is, you need to prepare the head and eyes toward the next cone as soon as possible and start to turn away from 1.5~1.8m about pylon .
Once again, use the friction zone, the front brake is not used. You need to dragging the rear brake constantly and to raise the eyes from the ground .


5. The U-Turn Exercise(Uターン / U-turn)


Uターンの秘訣は、決して進行方向以外に視線を向けないことです。
もしあなたが右にUターンしたければ、できるだけスペースの左側に前論を通過さながらUターンを開始させ、そこから可能な限り頭と目を回転させ、肩越しに目線をUターン方向に向けます。
たとえ一瞬でも、別の方向に目を向けてしまうと、Uターンの軌道を外れ大回りになり、曲がりきれなくなってしまうので注意が必要です。

The secret of the U-turn is to keep your eyes on the travelling direction.
If you want you are a U-turn to the right, start to keep on the left as much as possible, then turn your head and eyes on the direction and look the direction through by your shoulder.
Even for a moment, if you look the other direction, it will become a big turn then you are not able to make U-turn. Therefore you need to pay attention to where you look.


6. The Intersection Exercise(交差点走行)


交差点状に四方に広がるスペースそれぞれで、正確に、素早くUターンを繰り返し行う練習です。

Uターン練習同様、できるだけ前輪をスペースの端に持って行き、素早くリズミカルに頭と目をターン方向に切り換えて行きます。
そして、交差点に沿って、次のUターンに向かって別方向に90度向きを変える際には、交差点角から60〜90cm内側に走行ラインを取るようにします。

This exercise is preparing the quick U-turn at the space in all direction.
The same as U-turn practice, bring the front wheel on the edge of space as much as possible, then switch the head and eyes to turn direction quickly and rhythmically.
You need to run along the intersection and take a running line from the intersection angle 60~90cm inside when to change the 90-degree direction to another direction toward the next U-turn.


7. The Figure 8 Exercise(8の字走行)


8の字走行をこなすには、ここまでに学んだテクニック全てを駆使することになり、言い換えれば、8の字走行が思うようにできれば、“3つのテクニック”をマスターしたと言っても良いでしょう。

旋回走行同様、パイロンコーンの内側に前輪を沿わせるように旋回、目線を120度回転した先から、円の対面の180度先に向けること、視線を地面から1.2〜1.5m上の空中に向け、決して地面に視線を向けないようにします。
ポイントは、円形に並べたパイロンコーンからフロントタイヤが離れないよう、沿わせるように旋回します。

To mastering figure 8 running means, you need to use of all the techniques learned so far. In other words, you have mastered all “three techniques” as long as you are able to do “figure 8 running”.
Same as Turing, run along the front wheel inside of the pylon cone. you need to be rotate the eyes 180 degree from the previous 120-degree. Your eyes are on 1.2~1.5m above from the ground and never look down on the ground.
Point is, you need to keep your front tyre is inside of the pylon in a circle.


8. The Counter Steering/Push Steering Exercise(カウンターステアリング)


時速25km以上の中速域で、カウンターステアリングを使って曲がる方法を学びます。
特にハーレーやクルーザーバイクなどの重量車には有効な方法です。

直線上に置かれた9m間隔のパイロンを、低速ストレートスラローム同様の要領で通り抜けます。
速度は時速25〜32km程度に保ち、2速または3速ギアを使います。
目の前のパイロンを見るのではなく、目線を高く遠くに置きながら、カウンターステアリングを使ってリズミカルに走行します。

You will learn how to make a turn with using the counter steering in 25km per hour speed range.
It is an effective way to heavy-duty vehicles in particular, such as Harley-Davidson and cruiser bikes.
You will run and pass the pylon on a straight line to put the 9m interval same as slow speed straight slalom .
You need to maintained speed as about an hour 25~32km with using the two-speed or three-speed gear.
You need to keep your eyes for far and upper direction another than look at the front of the pylon, then run rhythmically using the counter steering.

9. The Braking Exercise(ブレーキング)


最も重要な練習の一つは、緊急時の制動技術の習得が挙げられます。
速度にかかわらず、いつでも止まれることができれば、安全にライディングすることができるからです。

時速25km程度ではじめ、慣れてきたら時速30〜35km程度に速度を上げていきます。
ブレーキはフロント、リアの両方を同時に使いますが、制動能力の70%以上はフロントブレーキにあるため、フロントブレーキをより使うことを意識します。
頭と目は手前地面を見ないように、進行方向先にあげること、またもしフロント及びリアブレーキがロックした場合の回避方法を学びます。

One of the most important practice is the acquisition of braking in an emergency.
you are safe as long as you are able to stop at any time, regardless of the speed .
In the beginning, you will run at a speed of 25km. Then you will increase the speed of about an hour 30~35km as long as you are comfortable .
You will use front and the rear brake at the same time . You need to understand as the front brake had more than 70 percent of the braking capacity.
Head and eyes are not to look at the ground in front of you and you need to look up your traveling direction. Also you will learn how to avoid if you lock the front and rear brake.

申し込み
     ↑↑ Open an application form. Schedule of Live Training by Ride Like A Pro↑↑
お問い合わせ
Please click this, will open our contact page!
LINEで問い合わせする方はこちらから!