ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

8の字走行で身に付けるワインディング攻略法

実はちょっとした広場でできる8の字走行で、 ワインディングでのコーナーリングのアクセルワークやタイミング、前後ブレーキ操作とそれらの手順・過程を身に付けることができます。
なぜならば、8の字走行には、加速・減速・旋回・切り返しと言ったライディングの4要素が含まれています。
そしてコーナリング、ライン取り、荷重移動や目線の使い方、走りのメリハリなどを、同時に効果的に練習ができるからです。

まずコーナリングの基本は、ワインディング・8の字走行変わらず、ブレーキングとコーナリングの2段階に分けて考えます。

参考にハーレーツーリングモデル・パイロン間隔10m&15m、の8の字動画をご覧ください。




コーナリング・旋回手前で「制動目的」のブレーキング段階に入りますが、ここでは短い距離で意図した速度迄素早く減速することが目的になります。
前後ブレーキを十分に使い、機能・能力を100%近く使えるのが理想ですが、公道では理想の限界点を認識した上で、一定の安全マージンを確保した範囲で減速を図ります。
短い距離の8の字走行の場合、直線が短いため加速できないので無理にフロントブレーキを使わなくてもいいですが、距離の長い8の字ではしっかり加速し、前後ブレーキを使いしっかり減速します。

ブレーキングではアクセルは一度全閉、ワインディングの場合はブレーキングに合わせシフトダウンを行います。
そして、コーナリング・旋回段階に移行しますが、コーナー進入ではコーナリング速度に合わせて再びアクセルを開け速度と回転数があった状態で一定にします。
ここでのブレーキングは先ほどの「制動目的」から「車体安定目的」での使用に切り替わります。
具体的には、レバー・ペダル入力の急なリリースによる車体の挙動変化や荷重抜けを防ぐため、コーナリングの開始とともに、1~2秒かけゆっくり段階的にリリースしていきます。

ここでフロントブレーキは完全にリリースしますが、リアブレーキは「車体安定目的」のために完全にリリースせずに残し、引きずったままになります。
リアブレーキの入力加減は、速度、回転半径により変化しますが、車速が遅いほど、旋回半径が小さいほど入力は強くなります。
ただし、低速域での「車体安定目的」のためなので、リアブレーキの最大能力の30%ほどを入力上限とします。
中高速ワインディングのように速度がある程度高い場合には、慣性力と遠心力で車体が安定していますので、理想的コーナリング速度になればリアブレーキは完全リリースします。

さらに、8の字走行を含め低速旋回では、リアブレーキの入力を強めると旋回性が増します。
向きが変わり車体を立てて加速体勢に入ったら、リアブレーキを完全リリースしアクセルを開けて加速していきます。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/10/05