ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

ハンドルフルロックが腕が伸びてうまくできないときは・・

ハーレーはハンドル幅が広めに設計されているため、重量車重にかかわらず軽く操作できるようになっています。
一方、ハンドル操作が軽くなる分移動量が多くなるわけで、フルロックにしたときには、旋回外側の腕が伸びきってしまう現象がでてきます。

よってハーレーのようなハンドル幅の大きな車両は、Uターンなどのフルロックによる旋回時には、上半身をやや前傾させて上体とハンドルの距離を一定に保つ必要があります。
上半身を前傾させハンドルとの距離を保つことで、Uターンや小旋回などの右旋回時でも自由なクラッチワークやアクセルワークが可能となります。


旋回時には上半身を積極的に前傾させよう!



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/06/18