ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

【アクセル開度一定固定方法】低速ターンでもエンスト転倒させない!

今回は、実際に開催されたトレーニングから、
低速ターンでもエンスト・転倒させない
安定してエンジン駆動力を発生させるアクセル操作方法と
実演・練習シーンをご覧いただきます。

ハーレーではこの操作を身に付けないと、
いつまでも低速コントロールができないため、
とにかく最初に身に付けてほしい技術なんです。

【アクセル開度一定固定方法】
低速ターンでもエンスト転倒させない!


1.低速ターン・低速バランス走行が苦手な理由と克服法

大きくて重たいハーレーでは、
Uターンをはじめとした
低速ターン・低速バランス走行を
苦手にする方が多いです。
クルマと違って二輪車でのUターン、
低速バランス走行は転倒のリスクがあるため、
高価なハーレーを倒したくない、
転倒したくない気持ちが
ライダーたちの苦手意識となります。

この苦手意識の克服、転倒対策は、
とにかくエンストしない操作技術を磨けばよいわけです。

これはアクセルを開けて
エンジン回転数高め駆動力を発揮し、
これを保つためのアクセル開度を
一定に固定する技術を身に付ければいいのです。

2.エンスト・転倒の恐怖を避けるアクセル操作

低速トルクとパワーの強烈なハーレーは、
Uターンや低速ターン・低速バランス走行では、
特に繊細なアクセル操作が要求されます。

たとえばUターン中に失速しそうだからと
不用意にアクセルを開ければ、
強烈なパワーで車体は起き上がり
ターンが大きく膨らんでしまいます。
また旋回円を小さくするため、
アクセルを戻すと今度は、
強大なエンジンブレーキで失速し、
ハンドルが切れ込み転倒しそうになります。

どちらにしても、アクセル操作で
低速走行時のエンジン駆動力や
速度を微調整するのは
上級者でも難しい技術になります。

そのため、ハーレーで低速ターンや
低速バランス走行で速度を微調整する場合には、
アクセルの開閉を使わずに、
半クラッチ加減でエンジン駆動力を
変更して行います。

ただアイドリング回転のままだと、
初心者のうちはクラッチワークでの
低速コントロールはエンストしやすいもの。
アクセル開度を一定に固定して、
エンジン回転数を1500回転に保っておければ、
エンスト・転倒の恐怖から逃れられます。

しかし走行中に、アクセルを固定、
もしくは微妙に開閉するのはとても難しく、
ひじや肩に力が入ってしまい、
低速旋回時のステアリング操作に
支障をきたしてしまいます。

3.アクセル開度一定固定方法

この解決方法として、アクセルを開けた状態で、
右手の中指をブレーキレバーにあてがい
固定する方法を使います。

中指だけだと難しい場合には、
人差し指を添えてもかまいません。
こうすることで、アクセルを一定開度で固定でき、
またそこからアクセルの
微妙な開閉操作も可能となります。

ポイントは手首をあおって
アクセルを開けないこと。
中指の関節を曲げないように
指の腹を使って、レバーを上から抑えることです。
固定物であるブレーキレバーを上から押す力で
結果アクセルを開ける方向に
スロットルを回すことができます。
アクセル開度は、レバーへの中指の抑え加減で
微調整することができます。

手首をあおってアクセル操作すると、
中指が浮いてしまったり、
指先をレバーに引っかけている場合には
不用意にブレーキレバーを引っ張ってしまいます。

この中指でのアクセル一定開度の固定ができれば、
例えステアリングを左右に回転させても、
エンジン駆動力を一定に
保つことができるようになるので、
低速ターンや低速バランス時の
車体速度を固定させることができます。

4.トレーニングでの解説・実演および練習シーン

それでは、実際に開催されたトレーニングから、
低速ターン・低速バランス走行時の
アクセル開度一定固定方法の解説と実演、
そして参加者たちの練習シーンをご覧いただきます。

 

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2020/08/15