ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

低速走行でクラッチは使うのか?

停止時直前や、渋滞時などの低速走行で、早めにクラッチを切ってしまう、
もしくは、ギアをニュートラルに入れて惰性で走るようなことはありませんか?

基本的に停止時や、低速走行時にクラッチを使用するのは、ローギアの状態で、エンジン回転数が落ちてノッキングする、
またはエンストするのを防ぐための極低速時だけであって、通常の低速走行では、できるだけ後輪駆動力を残し、持続させておくことをおススメします。
なぜなら、あまりに早くクラッチを切って駆動力を失ってしまうと、後輪荷重が抜けてバイクが不安定になりやすいのです。

例として、コーナリングの途中で、クラッチを切る、またはニュートラルで走ってみてください。
カーブの外に飛び出しそうになるほど、車体が軽く不安定に感じられ、路面との接地感が減少するはずです。
後輪に駆動力なり、リアブレーキなりで荷重を与えておくことで、サスペンションが働き車体の安定性が大きく高まります。
特に停車直前は、速度による慣性力や、エンジン回転によるジャイロ効果(コマのように高速で回る物体は安定しその位置に留まる)が得られにくく、不安定になりやすく、クラッチを切ったり、ニュートラルで惰性走ることでその不安定さを助長してしまうのです。
また、後輪荷重を与えずに乗ると車体がふらつきやすくなるばかりか、不意なクルマの車線変更などに、とっさの対応ができなくなります。

それゆえ、低速走行ではローギアに入れて、アクセルをやや開けておくこと、そして速度調整をリアブレーキで行うこと。
これらは後輪荷重を持続させ、車体を安定させてくれます。
半クラッチはエンスト寸前の極低速走行になったとき初めて使用すればいいのです。

初めは感覚的に難しいかもしれませんが、エンジンの回転や振動に集中し、エンストを避けるようなタイミングではじめてクラッチを使ってみてください。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/09/01