ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

もっとフロントブレーキを使う!

初心者の方に多いのですが、フロントブレーキを上手く使えず、仕方なくリアブレーキを主に使っている方が多くいます。
特にワインディングに入るとこれが顕著で、フロントブレーキによる前のめり感を嫌い、ついついリアブレーキやエンジンブレーキに頼ってしまいがち・・・
これは私も初心者の頃、陥ったことです。

コーナー進入のブレーキングすなわち、減速制動にリアブレーキを主に利用するのは間違いで、たいへん危険なので改めなければなりません。
と言いのも、フロントとリアブレーキを比べた場合、二輪の構造から明らかに制動能力はフロントブレーキの方が優れているからです。
その効果に劣るリアブレーキを主に使うのは、十分な減速ができずオーバースピードでコーナー進入するだけでなく、後輪のロックにより車体を不安定にしてしまいます。

しかしリアブレーキには、この減速制動機能だけではなく、荷重を高めることで車体を安定させる機能があり、これはコーナリング中に軽く引きずるように使うと荷重が高まりタイヤグリップが増し、車体が安定します。

また、アクセル操作がギクシャクしやすい低速走行時に、アクセル操作に代わる速度調整機能があり、コーナリング中に速度が出すぎたときに速度を微調整する場合、ヘアピンコーナーやUターンなどの小旋回での駆動力確保に便利です。
とにかく、減速には、前後ブレーキをそれぞれ100%機能を使えるのが理想なのです。

どちらにしても、ブレーキング時に前方に移動しようとするライダーの身体を強力なるニーグリップで、下半身で受け止め、人車一体感を確保することが前提になるのは、言うまでもありません・・・



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/08/30