menu

ハーレーの取り回し方法2

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/09 ライディング全般

ハーレーの取り回し方法2

ハーレーのような大きく重たい車体の狭い場所で取り回しや、バックでの左右取り回しなどは、取り回し技術の中でも高度な技に分類されるでしょう。
そのような高度な技を基礎なしにいきなり出来るようにはなりませんので、まずは広い駐車場などを利用して徹底的に練習してみてください。

取り回しのすべての基本は、シートに腰を密着させることです。
頭ではわかっていてもこれが出来ない初級ライダーは実に多いもので、文字通り「知っている」と「できる」は違うということになります。
どんなに高度な取り回し術もこの基本、シートに腰を密着させることが重要になってきます。
いきなり狭い場所でトライするのではなく、広い場所で前進8の字や後退8の字を何度も練習してみてください。

バイクとライダーが互いに寄り添う感じが出れば安定感が増す

取り回しが難しいと感じる大きな理由は、反対側にバイクを倒してしまうのでは?という恐怖感があるからで、だったら、絶対に反対側には倒さない工夫をすればよいわけです。
それがシートに腰を密着させる方法で、まずはそこからスタートしてみてください。
やがて、重たいハーレーでも、自在に取り回し出来るようになります!

取り回しのときは、腰をシートにしっかり密着させる

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編