menu

ハーレーを停車させる際のフラツキ防止法

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/08 ブレーキング

ハーレーを停車させる際のフラツキ防止法

減速停止時の車体のフラツキについて、停止寸前の低速まで減速できたらフロントブレーキ入力を減らし、相対的にリアブレーキ負荷を増やし停止します。
この時、停止の着地に備えて両足をステップから離さないようにします。
停止前から足を出してしまう癖の方は多く、一番不安定な停止寸前でフロントブレーキに頼ることとなってしまうこと、またニーグリップ不足により人車一体が崩れ、不安定な車体をさらに不安定なものにしてしまいます。
無意識の癖を直すのは簡単ではありませんが、安定して停止できるように街中の信号停止、交差点などの一時停止を練習の場に利用して練習を続けてください。

なお、停止寸前についてはリアブレーキを主に使用することは間違いではありませんが、それまで十分に減速するまでは、制動性能に勝るフロントブレーキを積極的に使ってください。
停止時のフロントブレーキの弊害は、沈み込むフロントフォークの反動で伸び上がりを起こし、それが停止直後のふらつきを誘発することにあります。
これもテクニックの一つで、フロントブレーキをかける寸前に先にリアブレーキを踏むことで、フロントフォークの沈み込みを少なくすることが可能です。

フロントブレーキを減速に積極的に使っていただきたい一番の理由が、ダラダラと減速をしないことにあります。
初級ライダーは、停止時に必要以上に制動距離を使いダラダラと減速しがちです。
このダラダラ減速は、車輪への荷重を弱め、結果としてふらつき易くなります。

急制動のときほど車体が安定して停止し、停止直後数秒、足を着かないのが理想。
もちろん周囲の交通状況によりますが、安全が確認できる状況であれば、少し強めのブレーキングで、車輪の荷重を増やした停止を練習してみてください。
当然強めのブレーキングですから、ニーグリップはしっかりとお願いします。

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編