menu

ライテク向上に効果的なブレーキング練習法2

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/08 ブレーキング

ライテク向上に効果的なブレーキング練習法2

二輪車の特徴として、制動能力はフロントの方が高いのはお分かりですね。
よって例えば急制動時には、圧倒的にフロントブレーキに制動力能を頼ります。
制動能力だけで言えば、速度域にもよりますが、フロントブレーキはリアの3倍はあるでしょうか。
これがよく前70(80)%:後30(20)%なんて表現するわけです。
でもこれは機械としての制動能力の比率であって、これを間違って解釈したライダーが操作入力の強さ・力加減をこの比率で行ってしまうことが多く、話が複雑になってくるのです。

そもそもフロントに比べ30%以下しかないリアブレーキの制動能力を、30%の力加減で操作するわけですから、全く制動能力を発揮できなくなるわけです。
よって多くのライダーはフロントブレーキに限らず、リアブレーキを使えていないのです。

たとえ前後70%:30%の制動能力でも、その能力をフルに100%使えるようにするのが理想だということです。
そのためには練習においてロックや、ABS装着車であればその作動を経験しなければ、当然100%の限界点が解りません。
100%のロックの瞬間をあらかじめ知っておくこと、それに平常心で対処できるようになっておくことで、日頃の安全マージンが約束されるわけです。

このロック体験に危険伴う高速域で行う必要はありません。
できれば20km/h以下の遅い安全速度域でいいので、急制動で意識的にブレーキをロックさせてみてください。
その瞬間の車体の挙動変化を身体で覚え、それに対処できるようにしておくことが、とっさの時の危険回避に役立つのです。

舗装状況がよく周囲に車両のない安全な公道や広場で、まずはリアブレーキだけで急制動してみてください。
思い切りペダルを踏み込むと、前述の遅い速度でも簡単にロック状態を感じることができるでしょう。
ロックした後もそのままペダルを踏んでいても、大きく車体挙動を乱すことなく、やがて停止しますので慌てなくても大丈夫。
ただ思ったより制動距離が必要なのがわかります。
減速にリアブレーキやエンジンブレーキを多用される方は、フロントブレーキの使用負荷割合を増やすことです。

次にフロントブレーキだけを使って急制動を行います。
強力な制動力で荷重が前輪方向に集中し、フロントフォークが大きく沈み込み前のめりになります。
ここで大切なのは、ハンドルに極力体重をかけず、大きくなった前輪荷重をさらに増やさないことです。
そのためにニーグリップを強力にして、下半身で慣性力に対抗し身体が前方に行くのに対抗します。
ここでも遅い速度でいいので、思い切りよくレバーを握り込み、フロントタイヤの限界点、ロック or ABS作動状態を体感します。

ロック時の対処方法としては、瞬間少しレバーを緩め、タイヤグリップが回復したら、またレバーを握りこむのを連続的に繰り返します。
ABS装着車は、リア同様握りこんだままで構いません。
リアに比べてフロントは車体挙動を乱しやすいので、バイクを路面に垂直に立てて、ニーグリップを十分に、遅い速度でおこなってください。

リア、フロントとも安心して限界点を確認できるようになったら、仕上げに、前後を同時に使って同じことを行なってみてください。
今まで以上にブレーキングがやさしく、マシンコントロールもできていることに気がつくはずです!

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編