ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

リア(後輪)ロックの本当の原因とは?

ワインディングでのライディングなどで、意に反して
リヤ(後輪)ロックしてしまったことはありませんか?

一度ワインディングのブレーキングでロックを経験してしまうと、
その後の走りに恐怖を感じてしまい、
精神的にも楽しめなくなってしまうのは
誰でも一度や二度、経験あるかもしれません。

ゆえに、日頃安全な環境下でロック体感しておくことは重要です。

しかし、リヤロックで車体の挙動を乱す原因は
実はリヤブレーキング技術の不足なのではなく、
フロントブレーキが使えていないことに他なりません。

つまり減速・制動の負荷を、フロントブレーキで受けることなく、
リヤブレーキだけで受けてしまっているということです。


ご存知の通り二輪車はその構造・原理上、
制動機能はリヤに比べフロントブレーキの方が
格段に高いことは知られています。

そのフロントの制動機能を十分に使っていない場合、
リヤブレーキに相当の負荷がかかります。

しかし制動時には荷重が車体前方に移動するため、
フロントブレーキで制動負荷を受けとめられないと、

後輪荷重が抜けた状態でリヤブレーキに負荷をかけると、
後輪が滑り出してしまうのです。

これはギヤ選択を間違えてしまい、
エンジンブレーキが強く発生してしまった場合でも同様に起こります。

もし十分にフロントブレーキの制動機能を使っていれば、
たとえリヤブレーキがロックしてしまったり、
エンジンブレーキが強く効いてしまった場合にも、
車体の挙動を乱すことはありません。

そして、フロントブレーキは、思っている以上に制動機能があります。

多くのライダーはその機能の多くを使えきれていないのが現実です。


フロントブレーキはブレーキレバーを素早く少しだけ引き遊びを取って、
フロントフォークの初期の沈み込みを行い、
そこからしっかりレバーを引きこめば、
相当強力に制動機能を発揮できます。

つまり、制動時に車体前方に移動する荷重を利用し、
フロントタイヤをしっかり路面に押し付けるのです。

荷重で路面を押しつけていれば、
強力なブレーキングが可能となります。


フロントブレーキの練習には、路面が平らで良好で安全な環境で、
しっかり急制動の練習をしてください。

フロントブレーキが使えるようになってくると、
リヤブレーキが少々ロックしたとしても、
安定して減速ができるようになってきます。


尚、フロントブレーキがロックした場合には、
ブレーキを解放してあげればいいのですが、
リヤブレーキは踏み込んだままでもかまいません。


とにかく、コーナリング前のブレーキングでは
十分な制動距離を確保し、フロントブレーキも十分に使い、
余裕を持った減速を心がけてください。

それが結果、スムーズで安全かつ、
快適なコーナリングにつながるはずです。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2019/04/26