menu

リーンウィズ、リーンアウトのメリット・デメリット

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/09 コーナリング

リーンウィズ、リーンアウトのメリット・デメリット

低速Uターンで、腰を外にずらし「リーンアウト+V字バランス」を薦めているものもありますが、我々は「リーンウィズ「」を勧めています。
双方のメリット・デメリットを説明しましょう。

まず、」「リーンアウト」の形を思い浮かべて下さい。
車体が傾斜しているその上から、ライダーが体重で重力方向に押し付けているのがわかります。
そのフォームの構造上、ライダーの体重による荷重方向と車体の荷重方向が一致しないため、効率的に接地面に荷重がかけられず、タイヤグリップを得られにくく転倒しやすくなるのです。

よく、初級から中級になったライダーが、いきなりコーナーで転倒した場合、転倒した本人は「なぜ転倒したのか理由がわからない」と言うことが多いです。
理由なき転倒はありませんので、理由がわからないということは、次もまた転倒の可能性があるということになります。
これら、初級から中級になりたての多くのライダーは、無意識に「リーンアウト」のライディングフォームを取っていることが多いです。
「リーンアウト」はライダーの身体の移動量が少ないため簡単ですし、相対的に車体の傾斜角を大きく深くしやすいフォームのため、上手くなったと勘違いしてしまうのです。

そして「V字バランス」のフォームですが、ステアリングフルロックで、さらに「リーンアウト」フォームを取り車体傾斜角をより深くすることで、さらに小さな回転半径で旋回することが可能になります。
また、ダイナミックなフォームからの「乗れている感」はなんともカッコいいものです。
しかし、「V字バランス」フォームを習得するには、相当な練習量と各操作の正確性、完璧なニーグリップによる人車の一体感が不可欠になり、ある意味曲芸に近いものとも言えます。
もちろんできることに越したことはありませんが、あらゆるリスクを考えたときに、積極的に公道のUターンに活用できるかは疑問です。
あくまで技術の引き出しを増やすという意味で、もし練習するのであれば、転倒してもダメージの少ない広場でおこないましょう。

では、「リーンウィズ」と「リーンアウト」のメリット・デメリットをご紹介しましょう。

【リーンアウト】
メリット
・簡単にできる
・タイトなコーナーでは体が立っているため先を見通しやすい
・上半身がの移動量が少ないため切り返しが早い

デメリット
・スリップ転倒しやすい
・ライテク上達の足かせとなってしまう(上達したと錯覚してしまうため)
・スリッピーな路面(ウェットやサンド)では、とても転倒しやすい
・タイヤに依存した走りとなるため、限界が早い

【リーンウィズ】
メリット
・基本的なフォームであり、最も理にかなったフォームである
・車体傾斜角に合わせたフォームのため、力学的にも安定している
・リーンインほど上体を使わないため、切り返しが早い

デメリット
・特になし

「リーンウィズ」が安全マージンを格段に高めるための究極のフォームです。
特にバンク角の少ない、ハーレーやアメリカンバイクなどで、実践していただきたいフォームと考えています。

積極的に体を内傾させるフォームは、
安全マージンをより多く取ったコーナリングをすることができる

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編