ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

低速域でのエンジンパワーコントロール法

低速トルクが強大な大型マルチエンジンや、低回転時に振動が出やすいビッグツインエンジンは、誰にも低速域での扱いが難しいもの。
ライディングの原理原則は変わりませんが、車種特性に応じたライディングを理解することは重要で、メリットを引き出す引き出しを持つと、車種にかかわらず操れるようになるのです。

低速域のコントロールが難しいというのは、エンストしない一定の駆動力を保持できていない、アイドリング回転数を安全領域まで上げていないのが原因です。
大型バイクで低速走行、低速旋回の場合、アイドリング回転数を1.5倍程度に高め保持しておけば、おおよその車種でエンストによる失速や、低速トルクによるギクシャク感はコントロールできます。
逆に言えば、この技術が身についていないと、いくらほかの技術を身に付けても低速コントロールできません。
これが、“速く走るより、遅く走る方が難しい”所以です。

方法論としては、右手中指を使って、やや開けたアクセルを固定することです。
難しい方法に感じるかもしれませんが、それは単にやったことのないことの違和感です。
特段センスも、体力も必要な技術ではないので、日頃から渋滞時の低速走行や、交差点の右折・左折旋回時にアイドリング回転×1.5を意識していれば、それほど時間がかからずに無意識に身に付けられます。

方法として、ブレーキレバーを引かないように、レバー上部を中指でしっかり抑えながら、人差し指と親指で遊びを取りつつ、ほんの少し絞るようにして固定します。
はじめは回転数をメーターを確認しておきますが、そのうちエンジン音と振動で、メーターを見ずとも適正回転数で固定できるようになるはずです。
この「アクセル開度一定固定」ができるようになったら、基本的にリアブレーキとクラッチワークを中心に速度調整をすればいいです。

歩くような速度以下に減速する場合、フルロックに近い極低速旋回する場合には、さらに半クラッチの加減で速度を抑えればいいでしょう。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2018/09/07