ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

急制動時にリアが振られる対策とは?

> ワインディングの下りコーナー手前で強めのブレーキングをしたところ、
> リアが大きく左右に振られ転倒してしまいました。
>
> リアブレーキ主導でのブレーキングでしたが、考えられる原因はありますか?


ワインディングの下りでリアが左右に振れるのは、ハーレーなどの重量者に大変多い現象です。

ところが、上級者は重量車でかなりのハードブレーキングを行ってもリアが振られることはありません。

リアブレーキに比べフロントブレーキの方が制動能力が数倍高いのは周知のとおりです。

重量のあるハーレーで、しかも下りでのブレーキングで、制動力高くないリアブレーキに依存しえしまうと、簡単にリアブレーキの限界を超えてリアタイヤ周りが暴れだすことになります。

前後ブレーキの制動性能は二輪車の特性から、当然フロントブレーキの方が強力になります。

よって、制動能力の高いフロントブレーキをもっと積極的に使用することで、リアブレーキへの負荷を性能範囲内に留めることができるわけです。

特にワインディングなどでのブレーキングでは、リアを一瞬先にかけてリアサスペンションを沈みこませてから、フロントブレーキを強くかけていくことで、リアにも荷重を残すことができ、振られる現象を抑えることができます。

リアブレーキだけに頼らない、つまりもっとフロントブレーキの制動負荷を高めるよう、急制動の練習を平地でも行っておくことが大切です。


多くのライダーがライディングで恐怖心を覚える本当の原因は、速く走れないのが原因ではなく、その速度をコントロールできないブレーキング技術の未熟さが原因なのです。

つまり、ブレーキング技術を高めることで、バイクらしいメリハリある走りを実現できるだけでなく、ライディングにおける十分な安全マージンを手に入れ、時にライダー自身の身を守ってくれることもあります。

よって、ブレーキ上達は地味な練習になりますが、身につけた恩恵は計り知れません。



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2019/04/12