menu

連続S字コーナーで交通の流れに乗る方法

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/09 未分類 ワインディング走行

連続S字コーナーで交通の流れに乗る方法

S字カーブの連続するワインディングで交通の流れに乗れず、後に数台の車が数珠つなぎとなっているシーンを見かけます。
他の車両の流れに乗ることができていないと言うことは、たとえそれが制限速度を超えていたとしても、かえって危険な運転となってしまいます。
たいていそのような走りは、“メリハリ”が足りない走りになっています。

コーナリング中、“アクセル微開固定+リアブレーキ引きずり”による速度調整という操作は良いとして、まずはカーブに進入するまでは、フロントブレーキも積極的に使い、安全にコーナリングできる速度までしっかりと制動減速します。
カーブ進入時の減速に時間をかけず、短い制動距離で安定した減速を行うのです。
ブレーキングが強くかけられないと、速度を上げるべきところでしっかり加速できなくなります。

S字コーナーの連続とは言えカーブとカーブを結ぶわずかな直線、あるいはカーブを鋭角に向き変え旋回することで、その旋回の頂点間を結ぶ短い直線が現れます。
その直線での都度の加速と減速が、総合的にペースを上げる機会となるのです。

S字コーナーではバイクらしい「メリハリ運転」を心がけよう!

車体の傾斜角に乏しいハーレーが、よりコーナリング速度を高める走りを考えてみたところでおのずと限界があります。
ハーレーではマスターの領域である上級者であっても、それほど速度を上げて旋回することはできないのです。
でも、S字連続のワインディングを、同じ車体で上級者が走れば圧倒的なペース差がでしょう。
それは、直線での都度の加速と旋回手前でのブレーキングが出来るか否かなのです。
ことブレーキング技術に関しては、圧倒的な差になって現れるかもしれません。
ブレーキング技術が乏しいがゆえに、その車両を自在にコントロールできず、必要な場面で必要なだけアクセルが開けられないのが問題点の原因です。

このようなS字カーブが細かく連続する日本特有のワインディングロードにおいては、旋回技術以上に「しっかり加速」「しっかり減速」というバイクらしい「メリハリ運転」が重要になってくるのです。

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編