menu

片手での連続加速・減速に挑戦しよう!

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/07/27 ライディングフォーム

片手での連続加速・減速に挑戦しよう!

制動の練習の中で、片手での連続減速(および加速)練習の効果を紹介します。

ブレーキングや加速時に重要なことは、
慣性で前後方向に移動しようとするライダーの体重を
下半身のニーグリップのみで支えることです。

上体の重さをハンドルを通じてステアリングにかけてしまうと、
ただでさえバイクの荷重が前後方向に移動してしまっているところに、
さらに上方からステアリングを抑えまたは引っ張り、
サスペンションに過度な仕事をさせてしまい、
安定した制動・加速が難しくなってしまうからです。

またステアリングへの荷重は自由なステアリング機能を阻害し、
減速や加速に続くコーナリングへの向き変えが
スムーズに行えなくなってしまうことと、
そもそもライダー自身の上体に力が入ることで、
スムーズなコーナリングへの体重移動や、
上体フォーム態勢の保持が難しくなってしまうのです。

左手を離しての連続減速・加速練習の目的は、
絶対にステアリングに体重をかけられないということです。
左手を離すと、右手だけに体重をかけることは不可能です。
(片側だけに力を加えると、ステアリングは切れて行ってしまうので)

ですから、左手を離した連続減速・加速練習は十分に練習を積み、
下半身で体重を支えられるようになってから挑戦してみましょう。

ギアは速度域によって、2速、3速あたりに固定し、
減速時には同時に上体を起こし、加速時には上体を伏せるとよいでしょう。

左手はどこにおいても構いません。
私自身はタンクの上、もしくは身体の横においていますが、
万一のことを考えて、すぐにリカバリーできるように、
ハンドルグリップそばで構えていてもいいかもしれません。

急制動の練習は、予想以上にライディング技術を総合的に向上する
もっとも効果的な練習なので、ぜひ日頃のライディングの中で取り入れてみてください。

ただし、周囲の交通の安全や、良好な路面状況を確認し、
恐怖感を感じない速度域で実施してください。

ちょっとしたライダー上体の荷重移動で旋回のきっかけを作るだけで、
ステアリングを操作しなくとも効果的な旋回性を保ち続けることができます。
荷重移動の方向にステアリングが自ら切れ旋回していくため、
公道での旋回・コーナリングでは基本的に、
ハンドルを意図的に切るようなステアリング操作は不要となります。

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編