menu

カーブの半径が変化したときの対処法

14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
14日間の無料メール講座 ライド・ライク・ア・プロライブトレーニング開催スケジュール line
記事投稿日 : 2018/05/09 コーナリング

カーブの半径が変化したときの対処法

きついカーブをコーナリングしていると、
途中から曲がりがきつくなり慌てることはよくあること。

そんなときは、コーナリング速度と
コーナーの半径とのバランスがとれず、
外側へ膨らんでしまいそうになりますね。
さらにバンク角を増やせば転倒リスクもありますので、
そんなときはあわてずリアブレーキを使って速度調整をします。

リアブレーキの効能は多くのメリットをライダーにもたらします。
速度調整は当然のことながら、
旋回中にリアブレーキを軽くなめるように使うと、
車体はと内側に切れ込んでいきます。

一方、車体傾斜角(バンク角)を深くして、
旋回性を高めようとされる方も多いですが、
“リーンアウト”のフォームになりやすく、
荷重が抜けやすくなり転倒リスクが高まるので注意が必要です。

リーンアウトはバンク角が増え「なんとなく乗りこなしている感」があるフォームだが・・・

ところで、しっかりと旋回先に視線と頭を向けることで、
バイクは少ない傾斜角でより旋回していくことが可能です。
バイクは視線を向けた先に向かっていくからです。

旋回途中に外側へ膨らみ始めると、
恐怖からそのコースアウト先に視線を向けてしまいがちで、
なおさら視線を向けたコースアウト先に
バイクは向かっていってしまいます。
そのため、旋回したい内側方向に
積極的に視線を向けていくことで、
車体の旋回性を維持させるのです。

旋回先へしっかりと頭(目線)を向けていく
そうするだけで、バイクはその方向へ向かっていく

☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

NEWS

  1. 2021/03/17
  2. 2021/03/07
  3. 2021/02/06
  4. 2020/12/26
  5. 2020/11/15
ALL NEWS

BLOG

  1. 2020/08/18
  2. 2020/08/15
  3. 2020/08/05
  4. 2020/06/17
  5. 2020/06/05
ALL BLOG

ハーレー・ライディング上達法

メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編
メディア掲載実績 ライブトレーニングサポート ライディング指導に興味がある方へ 上達プログラムDVD ツーリングで一目置かれるライディングテクニック上達法 ハーレー・アメリカンバイク編