ハーレーをプロのように操りたいなら RIDE LIKE A PRO JAPAN

ハーレー・ライディング上達法

上達をはばむ恐怖心との向き合い方

動画は「ライド・ライク・ア・プロ」トレーニングシーン、
前を走るのが私トム、後続は同じツーリングモデルに乗る受講者だ!



後続の受講者はほぼ私と同じペースで走行しているが、
特筆すべきは動画の時点で彼はバイク歴は4カ月、
映像のハーレーに限っては納車後2カ月半だったということだ。

短い時間でハーレーを操っていることに驚くかもしれないが、
別に珍しいことではなく、
経験上、総じてバイク歴が浅いものの方が上達が早い。
悪いクセが付いていないというのも理由だろうが、
大きな理由は過剰に恐怖心を抱いていないということだ。

正しいやり方は、恐怖心とは一定の距離を取りながら
安全を確保して行うため、精神的に安心して練習に取り組める。
一方、間違えたやり方は大きな恐怖を伴い、
繰り返すたびにその恐怖を心に刷り込んでいく。

恐怖心を感じることは大切なことだが、
必要以上に恐怖に対し感情的になることや支配されてしまうことは、
冷静な判断や上達の可能性を閉ざしてしまう。

上達に大切なことは、できるだけ早く正しい方法論を知り、
正しい指導のもと練習することだ。

“上手くなってから習う”は間違え!“
長く乗っても慣れることはあっても上手くなることはない”と断言できる!



☑ 念願のハーレーを手に入れたというのにその大きさ重さが手に負えない・・・
☑ 憧れのハーレーに乗りたいけれど扱えるのかが不安・・・
そんなハーレーライダーや、これからハーレーライダーになりたい方へ・・・

14日間で身に付ける『ハーレーマスターへの近道』メール上達講座受付中!
【メール講座のご登録は無料】今なら特別レポート「Q&A集」プレゼント中!

記事投稿日:2019/06/15